iPhoneテキスト読み上げでボリューム100と読み上げる不具合の改善

iPhoneボリューム100不具合

前回、iPhoneでのテキスト読み上げに関する記事を書きました。

記事はこちら

iPhone自動読み上げで読書時間が確保できない忙しい人も聴く読書

で、実は記事を書いた後なのですが

例の通りiPhoneのテキスト読み上げでKindleを聴いて読書していたら

なんか変な単語が混じる。

文脈から考えても明らかにおかしい

明らかに書いてない単語を読み上げている。

謎のボリューム100読み上げ

注意して聴いてみると

どうやら「ボリューム100」と言っているようでした。

タイミングはページが切り替わる毎のようです。

僕はだいたい2倍速以上で聴いていることが多く、

何秒かごとに

「ボリューム100」

ちょっと気になりますね。

これは読書にならないということで、

なんとかならないものか。

ググってみるとすぐに答えが出ました。

iOS 12.2以降の一部のiPhoneやiPadで、アクセシビリティのスピーチ機能(読み上げ機能)を使用すると、読み上げ開始時やページ遷移時にSiriが「ボリューム100」と読み上げる不具合が報告されています。


【iPhone】iOS 12.2で「ボリューム100」と読み上げる不具合の対処法
https://sbapp.net/appnews/app/upinfo/ios-12/speech-95149

もうこの上記サイト様で答えは出ちゃってるのですが、

念のためこちらでも。

ただし、設定でどこに飛んで何を変えるかがもうわかってしまっているので

簡略に説明します。

SiriからKyokoに交代すると改善する

調べてみた結果、SiriからKyokoに交代すると

「ボリューム100」読み上げ現象が改善したとのことで

SiriからKyokoへの設定の変更の仕方について画像を載せていきます。

スピーチ→声→日本語→Siri→Kyoko

この手順で変更することが出来ます。

もう行く場所はわかっているので、

検索窓に「スピーチ」と入力してしまいます。

ここでは「声」をタップ

「日本語」をタップ

SiriからKyokoに変更する

この手順でSiri→Kyokoの変更の手順は完了です。

実は不具合は直っている

しかし、当記事アップ時点で

すでにSiriの不具合は改善されているので、

もうSiriに戻しても「ボリューム100」読み上げ現象は起りません。

なので、SiriでもKyokoでも声はお好みでかまわないということです。

まとめ

  • iPhoneのアクセシビリティの自動読み上げで不具合
  • SiriからKyokoへ変更すると一時的に改善
  • Siri→Kyokoへの変更手順
  • 実は不具合は解消されていてSiriに戻しても大丈夫

ということで、不具合はもう改善されているので

不具合対応という点では既に意味を成しませんが、

ボイス変更手順としては一応機能しているので

気分を変えたいときなどにどうでしょうか。

各ブログランキングに参加しています

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top