『どんな本でも大量に読める「速読」の本 』書評【読書記録】

こんにちは。

今回は、

『どんな本でも大量に読める「速読」の本 』書評【読書記録】

というテーマです。

どんな本でも大量に読める「速読」の本

この本は、ずいぶん前に読んだ本なのですが、

実は読書にちゃんと取り組もうと思うようになったのはこの本を読んでからでした。

読書そのものは、大人になったあたりからぼちぼちと始めるようになって、読む時期も読まない時期もありました。

その過程で、読書って本を読んでも、全部は頭に入らないし、しかもちょっと読まないでいるともうその本に何が書いてあったのかすら覚えていない、こんな状況でした。

読んでも覚えてらんないみたいな気持ちになったりして、読書から遠ざかったりしていたのですが、色々思うところがあってやっぱり何か本を読んどかなきゃなと思っていたところで、この本と出会うことができました。

どんな本でも大量に読める「速読」の本
宇都出雅己
大和書房

この本を読んでから、かなり経ってしまっていました。

タイトルの通り速読の本ですが、よくある速読の本と大きく異なる点が、

知らないことは速く読めない

という正直に身も蓋も無いことを言ってのけているという点です。

そして、よくあるバラバラに順番を入れ替えた文字列

例えば

に上も三の石年

これを石の上にも三年と読むことができるということを論拠に速読は可能だといった、ありがちなデモンストレーションに対して、

これは速読ができるから石の上にも三年と読めるのではなく、

石の上にも三年ということわざをしっているから文字の順序がバラバラでも読むことができるわけだとしています。

つまり、速読どうこうの前に、読書とは文字を読んでいるのではなくて、自分の中の知識という情報を読んでいるということを言っています。

なので知らない言葉を文字列の順序を変えても理解はできないし、そもそも情報を倍速でただインプットしても意味がないとしています。

では、速読は不可能なのかというとそうではなく、そのジャンルを読むにあたっての前提となる知識をストックとして持っていることが必要で、そのストックがあれば文字面を見るだけで理解できるということです。

なので、読むスピードだけ上げても理解は出来ないということで、

速読力=速読技術×(知識・技術・経験など)ストック

という式が成り立つわけで、たしかに自分に当てはめて考えてみても、マラソンやトレーニング関連の本は速くよめるのですが、その中でもさらに一歩踏み込んだ専門知識的な本や、全く知らないジャンルの本は当然ながら速く読むことは出来ません。

これは知識の習得のコツにも似ていて、新しい知識は今知っていることと紐付けて覚えるのが覚えやすいのですが、まっさらなジャンルは理解に時間がかかってしまいます。

なのでとにかく知識、速く読むためにはストックが必要だということなのですが、面白いことにここで矛盾が一旦発生するわけです。

知識を得たいから本を読む

だけど

知識がないから速く読めないし、わからない

というジレンマが発生します。

つまりわからないことは理解できないということです。

で、終わってしまうとまったくもって速読の本にならないので、ちゃんと解決策が用意されています。

その答えが、著者である宇都出雅巳さんが提唱している、高速大量回転法というメソッドになります。

どういう理屈かざっくりいうと、

①速く読むからストックが蓄えられる

②ストックが蓄えられるから更に速く読める

③速く読むから更にストックが蓄えられる

といった感じで、本書の表現を使わせていただくと、速読の複利効果と利用してどんどん知識を吸収していくというもので、本書ではそのために必要な考え方ややり方について書かれています。

この高速大量回転法で、著者の宇都出さんは色々な難関資格や、参考書・問題集などを高速大量回転法で勉強されている様子をYouTubeなどで公開しています。

同じ本を何度も読むというのは、僕も実践していて、更にいうとランニングのときの音楽がわりにKindleを音声再生にして読書をしつつ、空いてる時間に文字を読むということをくりかえしています。

注意しなければいけないのは、インプットだけではなくアウトプットをしっかりとやらないと知識や記憶として定着しないということだと思います。

この場合のアウトプットというのは必ずしも紙に書くということではなく、喋ったりタイプしたりでもよくて、もっというと要約して思い出すということでも十分アウトプットとして記憶を整理していることになります。

記憶や勉強法などの本を読むと、どの本にも書かれているのが、喋る・タイプする・思い出すなどの行為が記憶を定着させるとしていて、これらの行為はどれも整理して思い出すという行為を伴っています。

記憶したことを整理して思い出すという学習方法は想起学習として科学的に効果が高いと論文で根拠も出ていて、実際に真似をしてみると僕でも効果を感じるほどに学習効果が高いとおもいます。

話は逸れてしまいましたが、何度も読んで、耳で聞いて、それらのインプットをすぐに何度もアウトプットするというところまでが、学習の効果が高いインプットであるといえます。

そして、速いアウトプットを実現して高い学習効果を実現するために、速い反復インプットもまた必要でそのために速読はとても良いツールになり得ると思います。

ただし、

・知らないことは理解できない
・理解のためには反復が必要
・速く読むだけでは意味がない
・速読は魔法ではない

ということが大前提で

従来の速読を学びたい人は、時間がないから短い時間で読書をするために速読を学ぶ人が多いのだと思います。

ですが実際のところの速読は読書に時間をより費やすために学ぶというのが正しいということになります。

色々なことが書いてありますが、本の読み方や学習の仕方などについて、より考える機会ができたこともあり、とても良い本と出会うことができたと思います。

各ブログランキングに参加しています

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top