iPhone読み上げでKindleをオーディオブック化の方法

iPhoneのテキスト読み上げ機能

今回は、忙しくて読書が出来ない人も

iPhone読み上げでKindleをオーディオブック化の方法

というテーマです。

どういう事かというと、

iPhoneでの話に限定されてしまいますが、

読書はしたいんだけど忙しくて時間の確保が難しい人向けの読書法です。

時間は無いけど読書はしたい

時間は無いけど読書はしたい

僕は現状ちょっと会社や家業での仕事が忙しい状態にあって、

だいたい1日約3時間睡眠の日々を過ごしています。

でも合間を見て読書はしたいし、

空いた時間は読書にあてるようにはしていますが、

もうちょっとなんとかならないかなと考えていました。

まあそもそも、そういった時間の使い方をやめたらいい話ではあるのですが、

一旦それはあと少し先の話として、

現状をどうするかと考えていました。

運転中にKindleを読んでいたら道路交通法的にアウトですし、まず危ないです。

で、色々考えた結果

耳、暇してるじゃん‼︎

と当たり前の話ではあるんですが、この時の僕にはめちゃくちゃ画期的でした。

それで最初はAmazonのaudibleという

オーディオブックのサービスを契約しました。

ところが、これが読みたいというときに非対応だったりして、

何となく不自由を感じてaudibleは継続せず、他の方法を模索していたところ

iPhoneには自動読み上げ機能があるということが判明。

試しにKindleの読み上げをやってみると、

全然いける

速度も調整できる

運転中はBluetoothでオーディオから聴いたり

作業中、ランニング中の音楽代わりイヤホンから読書も全然いける。

あとは試行錯誤をして出来ることと出来ないことを探していきました。

iPhone自動読み上げ機能で出来ること

・読み上げ
・読み上げ速度調整
・ページも勝手に進む(注)

(注)としているのは自動めくりが進まない場合がある

不便なこと・出来ないこと

・読み方が結構違う
これは想像力でカバー出来ます。


・図などで文字のないページを自動めくり出来ない
フォントサイズを最小にすると少しは改善


・画面が消えたり変わると読み上げが止まる


・バッテリーは結構消費が激しい

といった具合に

色々と不便や難しい部分はあるものの、

物理的に目で読書出来ない時間帯などに

耳から勝手に本の内容が入ってきて読書出来る(読書とは言わないかも)

これは控えめに言ってもかなり最高です。

Kindle以外でもテキストなどにも応用がきくので、

自分で環境さえ作れればどんな時でも耳から読書が可能です。

ながら読書で聞き流しを事前に繰り返しておいて、

時間の取れるときに読むという手順もかなり頭に入りやすくおすすめです。

iPhone自動読み上げの手順

①まずは設定を開く

設定画面

②上部の検索窓に「自動読み上げ」を入力

自動テキスト読み上げを選択

③スピーチをタップ

スピーチをタップ

④画面の読み上げをONにする。

画面の読み上げをONにする

ここまでで設定は完了です。

では実際にKindleを読み上げるにはどうするかというと

読み上げしたい画面で二本指スワイプ

画面上部から二本指でスワイプします。

読み上げ機能のコントロールパネル

これで読み上げ開始です。

左から

速度(遅)・前頁・一時停止/再生・次頁・速度(速)

となります。

画像ページは読み上げるテキストが存在しないため

停止してしまいますが、その際には手間ですが

もう一度二本指でスワイプすると再開します。

まとめ

  • iPhoneの自動読み上げ機能でKindleを音声読み上げで読書
  • 万能ではなく、出来ることと出来ないことがある
  • テキスト読み上げ機能の設定

こういった流れで、テキスト読み上げ機能を利用して

Kindleを耳で聴くことで読書して

たくさん良質のインプットで幅広い知識が身についていくこと間違いなしです。

iPhone・Kindleの関連記事

各ブログランキングに参加しています

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top