プロテインは水に溶かしたらすぐ飲むべき?早く飲まないと危険な理由

プロテインすぐ飲むべき

こんにちは。

今回は、

プロテインは水に溶かしたらすぐ飲むべき?早く飲まないと危険な理由

というテーマです。

水に溶かしたプロテインはすぐ飲む

どういうことかというと、まずタイトルのとおりで、プロテインは水に溶かしたらなるべく早く飲んでしまわないといけません。

シェイカーに溶かして持ち歩いたりしていると危険です。

なぜかというと、水に溶かしたプロテインはすぐに腐ってしまうからです。

なんで水にとかしたプロテインがすぐに腐ってしまうのかというと、単純にプロテインそのものの特性にあります。

なんなのかというと、栄養価が高いプロテインは水に溶かすとすぐに微生物が繁殖します。

人間にとって栄養価が高く分解されやすい成分というのは、当然のことですが微生物にとっても栄養価が高く分解されやすいということになります。

水に溶かす前の粉末だと、水分がないので微生物も繁殖できませんが、水に溶かしてしまうと途端に微生物の繁殖しやすい環境に早変わりです。

微生物にとっても分解されやすいということは、水にとかしたプロテインを数時間も放置しておくと、どんどん微生物が繁殖してものすごい勢いで分解していきます。

微生物がたんぱく質を分解していくということはどういうことかというと、簡単にいうと腐敗が進むということです。

肉や魚などの食品が腐敗していく仕組みも、食品を微生物や細菌が分解していくことで腐敗が進みます。

食品の状態のたんぱく質よりも、水に溶かしたプロテインというのは微生物の繁殖しやすい環境のため、ずっと速いスピードで腐敗していくことになります。

実際に市販のプロテインの裏には注意事項として、水に溶かしたら早く飲んでしまうよう注意が書かれています。

プロテインの需要の広がり

プロテインの需要の広がり

昨今、メディアなどで取り上げられていることもありプロテインの需要が広がってきているようです。

テレビなどでも女性でトレーニングに合わせてプロテインを飲んだりする人というのがテレビで取り上げられていて、今までよりもプロテインというものに注目が集まっているのではないでしょうか。

味やフレバーが多様化してきて、おいしく飽きない商品づくりや、従来のマッチョになりたい層や、アスリートのパフォーマンスを求める層以外にも、ダイエットや美しい体づくりなどを求める層にも顧客開発が進んでいて、商品も多様化しています。

また、単純に筋肉をつけたり痩せるだけではなく、鉄分を体内に蓄えるにもたんぱく質と結合して蓄えるため、そういった貧血に悩む人にとってもたんぱく質が必要だということが明らかになってきました。

そういった新たな需要などもあって、これまでよりも幅広い層にプロテインが求められるようになってきた一方で、飲み方や飲むスタイルなどには気をつけないといけなかったりもします。

水に溶かして飲むとおいしいという側面から、溶かした状態で持ち歩きたいという人もいるかもしれません。

そういう方には上記の理由で、溶かした状態で持ち歩いたり保存しておいたりすると安全面や衛生面で危険だということで、もし見かけたら注意してあげた方がいいかもしれません。

各ブログランキングに参加しています

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top