練習2020/11/14 5km走+5分走×3

練習2020/11/14 5km走+5分走×3

こんにちは。

今回は

練習2020/11/14 5km走+5分走×3

というテーマです。

前日のトレーニングもインターバルトレーニングだったので本来は2日も続けることはないのですが、前日は所用でインターバルトレーニングのみで走行距離も普段と比べて少なく、何よりこの日の体調が走る前から良さげということもあって、5km走を入れることに。

この日までのトレーニングの段階では、閾値であるCriticalPowerまたはrFTPは273Wなので、これの108%(294W)くらいから入って、後半に少しずつ上げて最終的には120%(327W~)程度まで上げていきました。

ちなみにCriticalPowerまたはrFTPは1時間全力で維持できる程度の強度とされています。

今回の5km走はいい感じの強度で走って、さらに終盤に上げることができました。

あまりこれまではトレーニングで5km走は入れなかったのですが、久々に高い強度で5kmを走破することができたということと、20分も切ることができたはずなのでトレーニング内容としては大変満足です。

と思って時計を止めようとしたら、距離が1kmも進んでいないことに。

少々パニックになったものの、冷静に考えたら屋内でのトレッドミルなのに屋外のGPSモードで走っていたことが原因でした。

とはいえ、パワーメーターをつけて走っていたので、ランニングパワーの履歴が残っていることと、それによるキロペースが残っていたので、まあ大体19分前半くらいの感じであるログに。

それと今回の5km走によって、CriticalPowerの自動計算値が286Wになりました。

パワーメーター導入直後が263Wでその後253W~273Wになり、今回286Wという推移。

パワートレーニングの面白さとして、各種ランニングデータが残ることもそうですが、ストレススコア(RSSやTSS)を経験値稼ぎのように考えることができたりすることと、CriticalPowerまたはrFTPが上がっていくことでレベルアップが分かりやすいという点が大きいと思います。

CriticalPowerまたはrFTPが向上することで、それに伴いPowerZonesのワット数も変わるので、常に自分の力量に見合った強度で各レベル各ゾーンの強度でトレーニングが可能です。

この日は5km走をこなしても余力があることが感じられたので、いったんjogで立て直してから5分走を3本追加。

翌15日は力仕事のお手伝いがあることと、今日のトレーニングである程度追い込むことができたのでレストにすることに。

各ブログランキングに参加しています
以下のバナーかリンクをクリックしていただけたらとても嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top